元湯甲子温泉 旅館大黒屋ブログ

kashionsen.exblog.jp
ブログトップ

甲子大黒天

 晩秋の候

 落ち葉が風に舞う季節になりました。皆様、お元気でしょうか。

そろそろ、朝晩冷え込んで参りましたので、暖房を入れ始めています。

館内は暖かくして皆様のお越しをお待ちしております!

昨日も穏やかな秋晴れでしたので、『甲子大黒天』のお掃除を
してきました。
c0213830_11584848.jpg
c0213830_1159671.jpg
c0213830_11592367.jpg
c0213830_11594169.jpg

こちらは、本館から歩いてすぐの別館の裏側にあります。
文化元年(1804)白河藩主松平定信が温泉の神として、建立されたものです。

こちらの絵は、定信のお抱え絵師【谷文兆】が大黒天を描いたとされています。
石碑の上の方そして、には『甲子山大黒天霊験垂跡之記』と、定信の書が書かれています。

今まで、長年の間、こうして人々を見守り続けてきたのでしょうね。
c0213830_1201425.jpg
c0213830_1203869.jpg
c0213830_121263.jpg

今回は、落ち葉が沢山だったので、お掃除をして手を合わせてきました。
雪用の囲いも運転手の大沢さんが、取り付けてくれました。これで安心です。

皆様も、お越しの際は是非、お参りしてってくださいね。
 
                                      若女将
[PR]
by kashi1109 | 2015-11-06 12:13